ジンジャー効果も発揮できる酵素ドリンク

手作りの酵素ドリンクを使って加熱処理が行われていない生きた酵素を摂取するということは一つのトレンドとして広まっています。
その際には果物と砂糖からシロップを作るというのが基本形ですが、必ずしも果物である必要はありません。
酵素は様々な食品に含まれていることから、どのようなものを使っても理論的にはシロップを作ることができるのです。
ショウガオールなどの身体にとって嬉しい成分が多く含まれているジンジャーを利用しても酵素ドリンクを作ることはできるということを知っておくと良いでしょう。
ジンジャーをスライスして熱湯消毒した蓋のできる瓶に入れ、そこに砂糖を入れてよく混ぜあわせれば数日で発酵が進んで泡が出てくるようになります。
そうしたら冷蔵庫で保存しておくと一ヶ月程度の酵素ドリンクづくりに用いることができるジンジャーシロップとして使用することが可能です。
ジンジャエールを作ったり、ジュースで割ったりして飲むことで酵素ドリンクとしてジンジャー効果も期待できるより優れた逸品とすることができます。
果物を使った酵素シロップと混ぜて酵素ドリンクにすることも可能であり、好みに応じて混ぜあわせて使用していくと良いでしょう。